無垢材のメンテナンス
 
一枚板家具のメンテナンスについて
 
無垢材について
 無垢の木は家具に加工されたあとでも呼吸をしています。室内の湿気を吸ったりはいたりすることによって、伸縮をしています。極端に湿度の高い場所や低い場所へのご使用はお避け下さい。また、ストーブなどの熱源のそばや直射日光の当たる場所での長時間のご使用もお避け下さい。

オイル塗装の家具は、濡れたコップを直接長時間置きっぱなしにしたり、熱い物を載せたりすると輪染みになります。また、鉄分のある物は水分と反応して黒い染みになります。お食事の際は、ランチョンマットなどのご使用をおすすめいたします。
 

塗装について
 木の店木楽では、無垢材本来の質感を大切にしたいと考え、オイル塗装をおすすめしておりますが、お客様のご要望や使用環境に応じてウレタン塗装も行います。
 
オイル塗装の家具について
 

オイル塗装は、木の中にオイルをしみ込ませ、木の呼吸を妨げないナチュラルな塗装です。表面に塗膜を作らず手触りは木そのものです。木の店木楽では、熱に強く撥水性に優れた自然オイルを使用しております。無垢材の特徴を最大限引き出した、人と環境に優しいオイルです。
ツヤが少なくなってきたり、水はじきが弱くなった場合は、お客様ご自身で簡単にメンテナンスすることができます。 傷や汚れから木を保護する力は、ウレタンなどの合成樹脂塗料と比較すると劣りますが、無垢材の質感を感じ、傷やシミも「味」として育てていく楽しみがあります。

 
 
ウレタン塗装の家具について

ウレタン塗装は木の表面に塗膜を作り、木をパックしてしまいます。ツルツルしていて水がしみ込まず、汚れもつきにくいです。ご家庭でのメンテナンスは必要ありません。なるべく手間をかけたくないというご家庭向きです。
木の店木楽では、熱や耐久性に強い「セラウッド塗装」を標準仕様としています。

 

  
  
毎日のお手入れについて
普段のお手入れは、水を固く絞った布で拭いてください。拭いたあとに水分が無垢材の上に残っていないようにしてください(残っている場合は乾拭きをしてください)。→オイル塗装、ウレタン塗装共通

無垢材は木口の部分から乾燥が進みます。木口にはマメにオイルをしみこませてあげてください。収縮によるひび割れや、巾ハギ部分の剥離を防ぎます。→オイル塗装


 
メンテナンスについて(オイル塗装)
メンテナンスの目安は年2回です。
無垢材は冬の乾燥がとても苦手、冬の乾燥する時期に入る前にオイルを塗りましょう!私たちのお肌と同じです。
そして暖かくなったころにもう一回、梅雨に入ると塗料の乾きが良くないのでその前が良いです。

 
1、水ぶきをする

水を固く絞った布でほこりや汚れをとります。無垢材の表面が濡れていると、オイルが浸透しないので、少し時間あけて乾燥させます。

★ポイントはしっかり乾燥させることです!!
 


 
  2、オイルを塗る

缶の中のオイルを良くかきまぜます。オイルをウエスにつけて伸ばしながら塗り広げます。塗り残しのないように、ゆっくりと木目に沿って丁寧に塗ります。

★塗りすぎに注意してください!!
 
3、オイルをふき取る

塗装後すぐにふき取ります。ふき取りには、塗装に使用したウエスを使用せず、新規のウエスをご使用下さい。この時、しっかりふき取らないと、いつまでも乾燥しない状態が続いてしまいます。手で触った時、サラッとしていることをご確認下さい。

★ポイントは新しいウエスを使用することです!!
 


 
  4、乾燥させる

12時間以上乾燥させてください。オイルの効果は、乾燥後すぐにはでません。完全乾燥には約1週間程度かかりますので、塗装後1週間以内のご使用には敷物をすることをおすすめいたします。

★天候や季節によって差があります!!


 
5、ウエスなどの処分

オイルが付着したウエスなどは、水に浸した後、袋に入れて処分してください。オイルが染みたウエスは乾燥中に熱を持ち、自然発火する恐れがあります。必ず水に浸してから処分してください。

★最後まで気を抜かず、しっかりと行うこと!!
 
 
  ○汚れなどを落してからオイルを塗る場合

上記オイルメンテナンスをする前に、キズや汚れのある部分をサンドペーパー#400で、木目に沿ってサンディングします。やわらかい材種の場合、作業がしやすいですが、一部分のみサンディングしすぎると、その部分のみへこみますのでご注意ください。また、必ず木目に沿ってサンディングしてください。

★ご自分でのメンテナンスが心配な方は、当店にてメンテナンスを承っております(有償)。お電話かメールにてお気軽にお申付け下さい。
無垢材のメンテナンス
 
一枚板家具のメンテナンスについて
 
無垢材について
 無垢の木は家具に加工されたあとでも呼吸をしています。室内の湿気を吸ったりはいたりすることによって、伸縮をしています。極端に湿度の高い場所や低い場所へのご使用はお避け下さい。また、ストーブなどの熱源のそばや直射日光の当たる場所での長時間のご使用もお避け下さい。

オイル塗装の家具は、濡れたコップを直接長時間置きっぱなしにしたり、熱い物を載せたりすると輪染みになります。また、鉄分のある物は水分と反応して黒い染みになります。お食事の際は、ランチョンマットなどのご使用をおすすめいたします。
 

塗装について
 木の店木楽では、無垢材本来の質感を大切にしたいと考え、オイル塗装をおすすめしておりますが、お客様のご要望や使用環境に応じてウレタン塗装も行います。
 
オイル塗装の家具について
 

オイル塗装は、木の中にオイルをしみ込ませ、木の呼吸を妨げないナチュラルな塗装です。表面に塗膜を作らず手触りは木そのものです。木の店木楽では、熱に強く撥水性に優れた自然オイルを使用しております。無垢材の特徴を最大限引き出した、人と環境に優しいオイルです。
ツヤが少なくなってきたり、水はじきが弱くなった場合は、お客様ご自身で簡単にメンテナンスすることができます。 傷や汚れから木を保護する力は、ウレタンなどの合成樹脂塗料と比較すると劣りますが、無垢材の質感を感じ、傷やシミも「味」として育てていく楽しみがあります。

 
 
ウレタン塗装の家具について

ウレタン塗装は木の表面に塗膜を作り、木をパックしてしまいます。ツルツルしていて水がしみ込まず、汚れもつきにくいです。ご家庭でのメンテナンスは必要ありません。なるべく手間をかけたくないというご家庭向きです。
木の店木楽では、熱や耐久性に強い「セラウッド塗装」を標準仕様としています。

 

  
  
毎日のお手入れについて
普段のお手入れは、水を固く絞った布で拭いてください。拭いたあとに水分が無垢材の上に残っていないようにしてください(残っている場合は乾拭きをしてください)。→オイル塗装、ウレタン塗装共通

無垢材は木口の部分から乾燥が進みます。木口にはマメにオイルをしみこませてあげてください。収縮によるひび割れや、巾ハギ部分の剥離を防ぎます。→オイル塗装

 
 
メンテナンスについて(オイル塗装)
メンテナンスの目安は年2回です。
無垢材は冬の乾燥がとても苦手、冬の乾燥する時期に入る前にオイルを塗りましょう!私たちのお肌と同じです。
そして暖かくなったころにもう一回、梅雨に入ると塗料の乾きが良くないのでその前が良いです。

 
1、水ぶきをする

水を固く絞った布でほこりや汚れをとります。無垢材の表面が濡れていると、オイルが浸透しないので、少し時間あけて乾燥させます。

★ポイントはしっかり乾燥させることです!!
 
  2、オイルを塗る

缶の中のオイルを良くかきまぜます。オイルをウエスにつけて伸ばしながら塗り広げます。塗り残しのないように、ゆっくりと木目に沿って丁寧に塗ります。

★塗りすぎに注意してください!!


 
3、オイルをふき取る

塗装後すぐにふき取ります。ふき取りには、塗装に使用したウエスを使用せず、新規のウエスをご使用下さい。この時、しっかりふき取らないと、いつまでも乾燥しない状態が続いてしまいます。手で触った時、サラッとしていることをご確認下さい。

★ポイントは新しいウエスを使用することです!!
 
  4、乾燥させる

12時間以上乾燥させてください。オイルの効果は、乾燥後すぐにはでません。完全乾燥には約1週間程度かかりますので、塗装後1週間以内のご使用には敷物をすることをおすすめいたします。

★天候や季節によって差があります!!


 
5、ウエスなどの処分

オイルが付着したウエスなどは、水に浸した後、袋に入れて処分してください。オイルが染みたウエスは乾燥中に熱を持ち、自然発火する恐れがあります。必ず水に浸してから処分してください。

★最後まで気を抜かず、しっかりと行うこと!!
 
  ※汚れなどを落してからオイルを塗る場合

上記オイルメンテナンスをする前に、キズや汚れのある部分をサンドペーパー#400で、木目に沿ってサンディングします。やわらかい材種の場合、作業がしやすいですが、一部分のみサンディングしすぎると、その部分のみへこみますのでご注意ください。また、必ず木目に沿ってサンディングしてください。

★ご自分でのメンテナンスが心配な方は、当店にてメンテナンスを承っております(有償)。お電話かメールにてお気軽にお申付け下さい。